0120-1001-96
24時間年中無休

JCB・AMERICAN EXPRESS・VISA・MasterCard

お問い合わせ

弊社は仙台典礼です、社名をお間違えないようご注意ください

お役立ち情報

香典袋のお札の入れ方は?

香典袋のお札の入れ方について
お葬式の香典の場合、お祝いの時とは違う決まりごとがあります。
皆さんは香典袋にお金を入れる時、入れるお札の向きに迷ったことはないですか?
お札の向きは、お葬式の香典の場合でも上下・裏表をちゃんと揃えて入れるのがマナーです。
お札にも表と裏があり、顔が書いている方が表面になります。
お札の上下は、金額を書いている方が上になるので、顔が下にくるようにします。
香典袋に入れるお札は、顔が表に向かないようにするのがマナーとしていて、お金を入れた中袋に
糊付けは不要です。中袋がない場合もお札の向きは顔が表に向かないように入れます。

もう1つのマナーとしては、新札は入れないで折り目のついたお札を入れるということです。
お葬式の香典では、不幸を見越して用意していたと取られないようにという意味合いで、新札を入れないようにします。
とは言っても、汚れたお札や破れたお札などのあまりにも古いお札をいれるのは失礼にあたるので注意した方が良いでしょう。
もしも新札しかなかった場合は、一度二つ折りにして折り目をつけてから香典袋に入れると良いです。

お葬式で香典を渡す決まりごとやマナーを守って、故人に対する供養の気持ちを表しましょう。